麦ごはんパワーの効果

普段のご飯を「麦ごはん」に変えることで痩せやすくなる!

コレステロールが気になる方にもおすすめ!

 

皆様は普段白ご飯を食べていますか?もしくは、流行りの糖質制限ダイエットで

ご飯をあまり食べない方もいるかもしれません。

太るイメージのあるご飯ですが、全体のカロリーや食事のバランスに気を付けていれば、

ご飯を食べながらダイエットすることは可能です!

今回は、白ご飯よりも「栄養価」、「ダイエット」について、おすすめの「大麦・もち麦」についてご紹介します!

 

 

コレステロールを下げる働きもある大麦

大麦の栄養は、白米に比べて低カロリーでβグルカンという水溶性食物繊維がとても豊富です。

このβグルカンがダイエットに良い食物繊維で、食後の血糖値の上昇を抑える働きや、

血中コレステロールを正常化する(適度に下げる)働きがあります。

また、腹持ちがよくおなかが空きにくいなどの効果も期待できます。

 

栄養面でよいだけでなく、大麦のぷちぷちとした食感が美味しく、噛みごたえもあるので、

食事を楽しみながら健康的に痩せることができます。

 

 

最近話題の「もち麦」は?

近年話題になっているもち麦は、丸い見た目で、味はもち米のようにもちもちしているのが特徴です。

また、βグルカンが大麦よりも多く、カロリーも少し低いのでよりダイエット向きといえます。

 

 

食べ方と美味しく炊く方法

大麦と白米の割合は、大麦が多いほど健康効果が高まるので、大麦:白米1:1がオススメですが、慣れないうちは1:3の割合にして、徐々に大麦を増やしていくとよいでしょう。1日2~3食を食べるのが理想ですが、1食でもまずは始めてみましょう。

 

また、カレーや丼物など、咀嚼が少なくなりがちなものを麦ごはんにして食べると、

咀嚼回数が増えるのでおすすめです。茹でてサラダに混ぜる、スープに入れる、

ハンバーグや麻婆豆腐などのひき肉の代わりに一部使う、などもできます。

 

 

ダイエット向きでも食べすぎは注意!

いくら白米よりも太りにくいとはいえ、ごはんもおかずもたっぷり食べてしまっては

カロリーオーバーになってしまいます。よく噛んで食べることを意識し、腹八分目を心がけましょう。

また、急激なダイエット法ではないので、すぐには変化が見られないかもしれませんが、

ダイエットはゆっくり行うことが大切なので、焦らず続けることがポイントです。